FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-12-21

十戒、休暇

バートランド ラッセルという数学者 (というか論理学者) がいます。
言わずもがな、二十世紀に活躍した極めて著名な研究者で、
また、その人生の後半期では、平和主義者としても精力的に活動した人物でもあります。

彼は生前、自伝を書きましたが、
その中に "自由人の十戒" という項目があるそうです。
以下のリンク先にその抜粋 (和訳) があり、誰でも読むことができます。

http://russell.cool.ne.jp/beginner/JYUKKAI.HTM


私は原著を読んでいないので、彼がどういう文脈でこれを書いたか知りません。
'自由人' というのは、 "a liberal decalogue" という原題からすると、
個人と他者の自由を尊重する人、といった意味合いでしょうか。



私はこの項目、自由人ではなく、自然科学者を対象としたものとして読んでいます。

というか、ここに書かれていることは、
誠実な研究者になるための良い教訓だと考えています。

少なくとも、
自分の主張や仮説のどう取り扱うべき?
どうすれば他者との議論をフェアに行うことができるか?
といった、常に自分を悩ませる問題を解決するための、よい方法を教えてくれます。



_____

話が変わります。
ただいまドイツはクリスマス休暇シーズンです。
多くの人々は来年の元旦まで休みをとり、各々の故郷に帰って、家族と過ごしています。
多くの外国人も、数週間ほど休みをとって一時帰国しています。
しかし、せっかくのこの機会ですが、この冬、私は日本には帰りません。
来月の中旬から三週間ほどアメリカ出張をすることになり、
その準備のため、長期休暇が取れないんです。
残念ですが、まあしかたがない。次に帰るのは来年の 4 月ごろでしょうか。
数ヶ月先ですが、いまから待ち遠しい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。